留学・海外大学進学のNIC わたしたちは、人生を変えたい、という若者たちに、海外大学留学というチャンスを
通じて、「自ら壁を打ち破ることができる」行動力と自信を与え、夢があるより良き社会を作ることに貢献します。

MENU
人を変える本気の留学。1年(日本)+3年(アメリカ・イギリス)で欧米の4年制大学卒業

海外で学び、自分の可能性を広げたい。
NICは、そんな本気で留学を考える学生すべての夢と目標を叶えたいと考えます。
世界へ羽ばたくチャレンジのスタート地点に、NICはあります。

説明会日程

東京本校・新宿キャンパスでの
イベント
12/10,11

個別相談・留学説明会を全国各地でも開催中→詳しくはこちら

資料請求はこちら
ViewBook

一人ひとりの可能性を信じ、それぞれの夢と目標の達成を応援。NICを選ぶ理由

NICの教育は、“個”を大切にする教育。徹底した「対話型・参加型」による少人数授業で、日本的教育では得られない欧米スタイルの思考力や表現力を身につけます。また、大学レベルの高度な英語力を身につけるカリキュラムを備え、世界の名門大学へ進学する学生をサポートします。

NICを選ぶ6つの理由

本気の学生には本気で向き合う。 当たり前に、一番大切にしてきた事です

留学は容易なものではない。だから挑戦を見捨てない。

海外の大学で学ぶ。そんな夢をもちながら、それを実現できない学生がどんなに多いかご存知ですか?多くの高校生が英語力への不安や勉強に対する心配から、大学留学を諦めてしまいがちのようです。

しかし、そんな今だからこそNICを知ってほしい。NICでの勉強は日本の大学生とは比較にならないほど膨大で密度が濃い。この真剣かつ多くの学習こそが大学留学で成功するための「強いココロ」を生み出すのです。容易なものではないからこそ、得られるものも多い。私たちはそう信じて「本気の学生」の挑戦を「本気で」応援しています。

できない理由を探さない。

NIC生の明るさと努力には日々頭が下がる思いです。私はNIC卒業生として、留学経験者として、いろいろなことを伝えられたらと思っています。 私自身、留学を経て、“すべては自分次第であること”、そして“できない理由を探さない大切さ”を学びました。
私は母に「うちは母子家庭でお金もないし、弟もいるから、途中で帰国してもらうことになるかもしれない」と言われていましたが、自分でどうにかしなければと考え、行動した結果、地元の育英会に借りることができました。渡航してからも、なんとか最後までやりきりたいという思いで努力し、奨学金とアシスタントのアルバイトで生活費をまかない、最後には学部首席で卒業することができました。

困難な状況に陥ったときこそ、思ってもない力が発揮され、成長できるチャンスです。お金がないから留学できない、留学生だから良い成績が取れない・・・できない理由を探すのは簡単です。でも、それでは何も変わらないし、成長できません。
日本の若い人にどんどん外に出て欲しい、母国を離れ海外で学ぶ素晴らしさをもっと多くの人に知って欲しいという想いで、母校であるNICで、スタッフとして働いています。NICや留学で培ったことを、後輩にバトンタッチしていく。それが今、私が日々心がけていることです。

留学は容易なものではない。だから挑戦を見捨てない。

鉢嶺沙幸 NIC第15期生 現NICスタッフ
ネバダ州立大学リノ校国際情勢学科卒業

英語力だけじゃない、 すべての「人間力」を高めるのがNICです

日本の有名大学より、海外の名門大学へ

NICのコアであるネバダ州立大学、カリフォルニア州立大学、イギリス60 国立大学への実績はもちろん、UCバークレー、UCLAをはじめとした超名門校入学へのトップスクールプログラムも着実に成果をあげています
また、ケンブリッジ、オックスフォード大そして英国医学・獣医学部、オーストラリア国立大学(医学部・獣医学部含む)、ハーバード、イエールをはじめとするアイビーリーグ、そしてヨーロッパ大陸の名門大学への進学プログラムも充実しています。

多彩な専門分野を学びながら選べる

たとえばアメリカの大学では640以上の分野から、イギリスの大学では約1,000の学科から自分のやりたい専攻を選ぶことができ、さらにアメリカの大学では、入学後に学部を決めることができます。
また、二つの分野を同時に学ぶことも可能です。

育てないのは「人間力」。NICの転換教育(R)

NIC の転換教育®は、すべてネイティブの教授による15~20名の少人数クラス。年間1,000時間の集中カリキュラムで、欧米の大学で必要となる英語力を身につけます。 また、米国大学1年次の教養科目履修で最高約30単位まで取得でき、渡米後2年半~3年で4年制大学を卒業することもできます。

NIC 1年 + 海外 3年 = 4年制大学卒業
育てないのは「人間力」。NICの転換教育@

NICは単なる語学学校ではありません。自分の持つ可能性に向かって翼を大きく広げ、世界に飛び立てるため「人間力」を養う場です。
そして、その力を育てるために欧米の教育理念に沿った「少人数クラス」「対話と厳しくも親密なコミュニケーション」「『個』を表現する授業」など、暗記型の日本とは異なる教育プログラムを行っています。

NIC 1年 + 海外 3年 = 4年制大学卒業
「あきらめない」NICのスタッフ体制

レベルの高いNICの教授陣。アメリカの大学と同じ採用基準で選ばれた語学教育のエキスパートや、各専門分野で修士号、博士号を持つ人材がそろっています。
また、チェンジメーカーを育てるスタッフも「チェンジメーカー」。たとえ困難な時でも最後まであきらめない「捨てない教育」で学生と向き合っています。

卒業後には世界中が活躍の場、未来を導く人になろう

海外の大学を卒業したNICの先輩は、日本国内の有名・実力企業だけでなく、外資系企業や海外での就職、さらには国家資格を取得してのスペシャリストなど、卒業後の進路は百人百色。数年後に独立起業する人たちも多数です。日本と国際社会の架け橋となって、世界に羽ばたいてください。

毎年行われている合同企業説明会の様子

24時間全力疾走。NICは自分を知り、そして変えるための場所。

すきなこと、やりたいことは待っていてもやってこない。すべては一歩のアクションから。

エクストラエアウェイズ ジャンボジェット機パイロット 大澤一正さん

今の仕事は留学したからこそ出会えた仕事。
留学していなかったら平凡な人生以下だったと思います。
私の知る限り、アメリカ航空業界は航空大学卒業後の就職競争も激しく、アメリカ人に認められるだけの努力なくしてはくの職に就けません。しかし、ジェット機を自分で思うように操作する楽しさや、上空から眺める地球、離着陸のときの興奮、そこにな言葉では表せない想像を絶する素晴らしいものがあります。外国人や女性にはまだまだ厳しい世界ですが、そんな困難に挑戦することこそ、やりがいがあると思います。

困難に挑戦することこそやりがいがある!
住友生命米国現地法人SLIA勤務 福祉厚生コンサルタント 宮本(旧姓:田邊)由紀子さん

アメリカでは何も主張しなかったら、行動しなかったら埋もれてしまいます。アメリカに来て初めて自分が日本人であること、田邉由紀子であるということがやっとわかってきた気がしました。『みんなと一緒』では意味が無い。
高校生の皆さんには、やりたいことを見つけてそれを追求して欲しい。回り道をしても、難しくても、人になんと言われようと、挫折や妥協なんて思わなくていい。その過程で自分にとって大事なものを必ず見つけられるから。

人に何と言われても「自分」

2012-13主な就職先

  • 外務省
  • 家庭裁判所調査官補
  • 野村證券
  • ソフトバンク
  • 三井物産
  • フジサンケイコミュニケーションズ・インターナショナル
  • 日本ゼオン
  • 日立製作所
  • JR東日本
  • 電通国際情報サービス
  • セブン&アイ・ホールディングス
  • ANAエアサービス東京
  • NTTデータSMS
  • NTT東日本
  • アクセンチュア
  • アビームコンサルティング
  • エリクソンジャパン
  • 大塚製薬
  • 大塚商会
  • カネカ
  • 協和発酵キリン
  • グランドハイアット東京
  • 小林製薬
  • シャングリラ東京
  • ダイキン工業
  • 大日本住友製薬
  • 日本航空
  • ノボノルディクスファーマ
  • 日立情報通信エンジニアリング
  • 富士通
  • 三菱重工
  • 三菱電機
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 楽天
  • リクルートドクターズキャリア
  • リクルートコミュニケーションズ
  • リコー
  • Blue House International School(シンガポール)
  • 医療法人東明会下総病院(音楽療法士)

その他、国内外の超一流企業で採用されています。

すきなこと、やりたいことは待っていてもやってこない。すべては一歩のアクションから。

NIC修了式の様子
資料請求はこちら