第29期生メッセージ集【東京校編】

Seize the Day!

Seize the Day!

私は今24歳。6コも7コも年下の友達に囲まれて、毎日勉強をしています。私がNIC に出会ったのは、体調を崩して、大学を辞めるか悩んでいた夏。学業を投げ出そうとしていた私でしたが、高校生の時にイギリスにホームステイして以来、捨てきれなかった英国留学の夢を思い出し、NIC の説明会へ。その時は藁をもすがる思いというか、こんな私にも海外留学できるのかと必死だった記憶があります。そして留学の夢と新しい人生を求めて、NIC 入学を決めました。大学を辞めて、新しい夢を追いかけることを許してくれ、いつも私の1番の味方、理解者でいてくれる母には感謝してもしきれません。

NIC での毎日は、私にとって驚きと発見の連続でした。心から望むもののために勉強する重要さ、友達と過ごす時間の大切さ、24 年間も生きていて、なんでこんなに知らないことがあるのだろう?と戸惑った覚えがあります。しかし、今は夢のためにこの時間を大切にしようと心に決めています。

ここでは全てが自分主体。自分には何ができるのか、何が必要なのか日々考えています。
今までの大学生活よりも、今の生活では何倍も自分の弱い部分に向きあうことが必要で、毎日悩んでいます( 笑)。それでも優しくサポートしてくださるネイティヴの先生方やスタッフの方々に支えられ、今日も楽しく学校生活を送れています。

私の大好きな英女優 エマ・ワトソンさんが国連でのスピーチの中でこう述べていました。“If not now, when? If not me, who? ( 今でなければいつやるのか?私でなければ誰がやるのか? )”
私たちが困難や、はたまた幸運なことに出会った時、こう自分に問いかけることが大事であるということです。この言葉は今の私にぴったりだと思っています。NIC に出会ったのも縁、大学をやめた私のラストチャンス、そして私の夢は誰が叶えるのか?苦しくて逃げたくなる時、私はいつもこの言葉を自分に問いかけています。

今、この冊子を手に取ってくれている、あなたへ。海外留学に興味がありますか?それとも人生に迷っていますか?どれも正解だと思います。でも一度、ぜひ説明会にいらしてください。
そしてNIC の事をもっと知ってみてください。ここではみんなが笑顔で自分らしく輝いています。あなたにもぜひ体験していただきたいです。

PROFILE

Natsumi Okada
千葉県・千葉県立成田国際高校出身 / 津田塾大学中退
イギリス国立エクセター大学進学