留学・海外大学進学のNIC わたしたちは、人生を変えたい、という若者たちに、海外大学留学というチャンスを
通じて、「自ら壁を打ち破ることができる」行動力と自信を与え、夢があるより良き社会を作ることに貢献します。

MENU

廣田和子講演会案内

廣田和子講演会案内

「きみは変われる!夢をもって世界に羽ばたこう」講演会のご案内

さて、この度は、日本の教育の国際化に取り組んできた当財団(文部科学省大臣官房所轄)常務理事・廣田和子の、日本人初の米国TOEFL理事会理事としての活動の一環としての、日本全国で国際教育と英語教育の向上のための啓蒙活動について、ご案内申し上げました。

廣田は、ハーバード大学院Institute for Management and Leadership in Education(MLE課程)を日本人として初めて修了したことに加え、ネバダ・カリフォルニア大学国際教育機構Japan(NIC)及び当財団の代表として、全国各地の中学・高校などで、生徒・教員・保護者の方々を対象に講演会を実施し、皆様の生の声に触れてまいりました。

学力低下、ゆとり教育の見直し、また少子化による大学全入時代の到来など、教育を取り巻く環境は多くの問題を孕んでいます。このような環境下で子どもたちは、学ぶことの意義を見出し、自分の興味あることを発見すること、自分の夢を持つということが少なくなっているといえるのではないでしょうか。 人は数多くのことを経験しながら、自分の興味や夢に出会い成長します。それが「自らの学び」の中で生まれたものならば、自分の本質となり、核となり、個々の人間力を高めていくことが可能になります。そういった意味でも、日本の将来を担う若い人たちが、世界中の人々と互角に働くために求められる論理的思考力、視野の広さ、チャレンジ精神を身に付けさせることが、これから最も必要とされることではないかと思われます。

講演『きみは変われる! 夢をもって世界に羽ばたこう。』では、国際教育・英語教育に携わる廣田の考え方や、学習のための技術論はもちろんのこと、実際に英語という言葉を使って国際社会で活躍する先輩としての熱く強いメッセージを、対象となる生徒達のレベルに応じて分かりやすく伝えたいと考えています。

これまでの講演会では、生徒のみならず、保護者の方にも興味をお持ちいただいております。全校生徒と保護者対象の講演会で、または教職員教育の一環としての講演で、是非ともご検討いただけますよう、ご案内申し上げます。

財団法人 国際教育協会
理事長 永井 潔

実施概要

  1. 講 師: 廣田 和子 (教育学博士・財団法人国際教育協会常務理事・NIC代表)
  2. テーマ: 『きみは変われる!夢をもって世界に羽ばたこう。』
  3. 過去講演実施校: 各自治体教育委員会、高等学校、大学、PTA(下記にて詳細)
  4. お問い合わせ&お申し込み先:
    • 財団法人国際教育協会
      Tel:03-5362-3866 Fax:03-5362-3867(担当:目黒)
    • NIC International College in Japan
      Tel:03-5379-5551 Fax:03-5379-5550(担当:近松)
廣田講演シーン
生徒へのインタビュー01
生徒へのインタビュー02
廣田講演後記念撮影

プロフィール

廣田和子

廣田和子 (ひろた かずこ) 千葉県出身、教育学博士

現職:

財団法人国際教育協会 常務理事
ネバダ・カリフォルニア大学国際教育機構Japan(NIC)代表

略歴:

1988年 ネバダ州立大学日本校開設とともに常任理事就任。
1994年 NIC常任理事、2003年同代表に就任。
1997年 文科省大臣官房所轄・財団法人国際教育協会常務理事就任。
2000年 ハーバード大学教育学大学院MLE課程修了。
2001年 米国TOEFL理事会理事に就任。
これまで約20年間、国際教育に携わり、6,000人以上の留学生を送り出す。

受賞:

  • 国際教育への貢献に対し「ネバダ州立大学学長賞」(1992年)
  • 「アメリカ合衆国上院議員賞」(1997年)
  • 「ネバダ州知事賞」(1998年)

など

著書:

など

執筆:

  • 読売新聞「論点」 『大学全入時代~本格的な教育改革の好機~』 (2004. 8.20)
  • 週刊東洋経済 「視点」にて、3回連続執筆 (2003.10.11・11. 8・12. 6)
  • 読売新聞 「教育ふぁいる」にて、3回連続執筆 (2003. 8. 4・18・25)

講演実績一例(2004-2005):

主催 対象 規模
兵庫県高等学校 英語部会播磨支部 教員 60名
愛知工業大学名電高校 教員 80名
盛岡白百合学園高校 教員 60名
滋賀県教育委員会 教員 60名
広島工業大学付属 広島高校 教員 60名
富山県立福岡高校 生徒・教員 80名
鹿児島県立松陽高校 全校生徒・教員・保護者・一般 1,200名
宮城県立富谷高校 全校生徒・保護者・教員 1,000名
岐阜県立加茂高校 生徒・保護者・教員 100名
愛知・春日丘中学校高校 生徒・保護者 330名
名古屋女子大学高校 生徒 540名
福岡女学院    
下北沢成徳高校 生徒・保護者 250名
戸板中学校・戸板女子高校 生徒・保護者 450名
神奈川県立ひばりが丘高校 全校生徒・教員 780名
徳島県立富岡東高校 全校生徒・教員 850名
愛知県・滝高校 生徒・教員・保護者 450名
西城紫水高校 生徒・保護者 100名
兵庫県立相生高校 全校生徒・教員 860名
西大和学園高校 生徒・教員・保護者 700名
飛騨アカデミー 「夢のたまご塾」 高校生 50名
日本大学第三中学校・高校 全校生徒 1,500名
明治大学付属中野中学高校 PTA 400名

主なWeb掲載記事:

主なWeb掲載記事:

  • 『ひと・人』 読売新聞people (2005.11.28)
  • 『いきいき』 産経新聞 (2005. 7. 25)
  • 『リーダーな女たち』 毎日新聞 (2005. 7.22)
  • 『The Talk』 週刊東洋経済 (2005. 2.19)
  • 『キャリアの軌跡』 日本経済新聞 (2004. 5. 4)

※ この他にも多彩な活動をしております。ご希望の方には廣田の掲載記事を含めた詳細資料をお送りいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求とイベントページへのリンク

資料請求

海外大学への留学・進学に関するご相談は 平日個別相談会

NICの大学留学ガイダンスやイベント情報は イベント情報へ