1. NIC HOME
  2. NIC大阪校
  3. 先輩メッセージ
  4. 星野 陸さん
星野 陸さん

星野 陸Riku Hoshino

京都市立伏見工業高等学校出身 / NIC第30期生(大阪校第6期生)

大阪校第6期生 入学式代表スピーチ

人と違う特別な人生を歩もう!

皆さんこんにちは。このような貴重な場をいただきありがとうございます。私の名前は星野陸です。

唐突ですが私は高校を卒業したら鉄道会社に就職するはずでした。では、なぜそんな私がNIC大阪校にいるのか皆さんに話したいと思います。私は工業高校出身です。皆さんは工業高校と言ったらどのような印象を持ちますか?勉強しんと毎日なんか作ってんねやろ?ほとんど合っていますね。とりあえず、勉強はしていました。学校では道路や橋の設計、それを基にした橋の模型作りをしていました。今から思えば、サッカーをしたいという単純な思いから特に興味のない工業高校を選んでしまったのかもしれません。主な就職先は、建設会社、測量事務所、鉄道会社、公務員、どれも日本を代表するような企業でした。その中で1番給料が良い鉄道会社と漠然と決めていました。

ですが、全く興味のない仕事内容に加え、定年までの42年間をただ過ごすのは自分の望んでいることではない。二年、三年生とこんな学校来んかったらよかった。俺がしたいことはこういうのじゃない!、、そうやなんかみんなと違うことをしよ!と思いました。そう思いついたのが私たちとは正反対の留学という言葉。案の定、高校のみんなには大反対されました。勿体無い。え、何でそんなリスクがあることすんの?そのまま就職したほうがいいやん!などと結構言われました。確かに就職したら将来は安泰。なのに、ゴールが見えない進学、ましてや海外です。私にとってそれはとてもリスクがあると思いました。でも、やってみないと分からない。大丈夫、絶対この道を無駄にはしない。

入学式での記念撮影

その時、人生で初めて、将来に対する期待が生まれました。思ったことは即行動したいという私はその日から、一日中留学サイトを調べました。ある留学サイトを見つけ説明会に行くと、強引に入学させようという感じがし、信用ができず、また違うところを当たりました。それはNIC 大阪校。強引さは全くない。目の前には美味しそうなお菓子がたくさんありました。疑いながら説明会に来ていたのですが、スタッフの対応は親切、在校生はみんな笑顔が絶えず生き生きしていました。私はここにしよう。とすぐにおもいました。無事に合格した後、ヘッドスタートプログラムに参加しました。不安だらけでした。
どんな人がいるのだろう。授業はついていけるのだろうか。5期生は怖いのかな。でも、その不安はすぐに無くなりました。なんて授業は面白いんだろう。なんてみんなは優しいのだろう。なんて5期生は個性的なんだろう。みんな個性的。これが、NICの良さです。確かに宿題の量は驚くべきほどでした。どんどん出てくる宿題、眠れない日々、でも、私だけではなくみんなも同じ思いです。ヘッドスタートプログラムに参加した2ヶ月間、学校に行くのが嫌とは本当に思ったことはありません。楽しい授業、放課後みんなで食べる昼ごはん、みんなとの会話、何よりみんなと夢に向かっている日々が今までに感じたことがないほど新鮮で、一日一日が貴重です。

NICに入って自分の高校生活で学んだ技術は決して無駄ではなかったことに気づきました。なぜなら、NICの授業では、貧困に見舞われている国、紛争で破壊されていく街並み、そういったニュースを見て今の世界事情をよく知れました。そしてこれは自分が何とかしようという感情を芽生えさせてくれました。未開拓の土地を開拓する、あれたまちをさらに以前とはより良いものにする。一社員ではなく、自らが率いるチーム、デベロッパーとして。皆さんにはどのような挑戦や、目標、夢がありますか?これから私たちは自分の目標や夢に向かって挑戦していきます。最初から自分の思うようにはいかないでしょう。時には喧嘩もあるでしょう。何かにつまずいたときは、NIC一同一人一人の味方です。日々支え合い、日々励まし合い、時には喧嘩もあるでしょう。このNICのステージから1年間、自分に糧になることを見つけましょう。これでNIC International College in Japan, Osaka Campus 6期生を代表して終わります。
ご静聴ありがとうございました。

お問い合わせ、資料請求は
お電話からもどうぞ

0120-531-601