SupportNICサポート体制

留学に対するさまざまな悩み、不安、要望に
私たちが マンツーマンで対応しています。

NICの伝統「すてない教育」。
「チェンジメーカー」を育てるスタッフもまた、チェンジメーカー!

NICのサポート体制は
主にAcademic Matters(勉学面)とLiving Matters(生活面)に分かれます。

勉学面では、教授陣のオフィスアワー、個別カウンセリング、チュータリング(個別指導制度)のサポートがあります。

生活面では、日本人スタッフによる進路相談、個別カウンセリング、そしてパーソナルアドバイザー制度があります。

毎学期末の定期オリエンテーションに加え保護者も含めた渡航前オリエンテーションと、あなたが大学生活で成功し、それぞれの花を咲かせ実を結ぶことができるようにするためのサポート体制です。

  • カウンセリング/進路相談

    Mari Kanda

    Mari Kanda神田 真里

    カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 国際経営学部卒業
    NIC東京校職員・NIC12期生

  • チュータリング(個別指導)

    Estelle ROBIN

    Estelle ROBINエステル・ロビン

    Tutor

その他のサポート体制

  • ホームルーム制度

    月2回程度、各クラスホームルーム担当の日本人スタッフが学生の様子を確認したり、連絡事項等を伝えるためにクラス訪問を行なっています。不安なこと、わからないことなどをその場で解決する機会でもあります。

  • 中間カウンセリング

    各学期の中間テスト後に、全学生が担当教授から個別カウンセリングを受けます。先生のアドバイスを真摯に受け入れ、学力向上に努めましょう。

  • プロベーション(成績不振者)カウンセリング及び、フォローアップカウンセリング

    各学期の中間と期末テスト後に成績総平均値(GPA)2.0(C)未満の学生には、ご実家宛てに手紙を郵送しています。
    学生課の担当スタッフが各学生と個別に話し、学習及び生活指導を行っています。
    課題を限られた時間内に終わらせ、提出期限を守ることに問題を抱える学生を対象に、ASAP( アフター・スクール・アシスタンス・プログラム) という、チュータリングセンターにて宿題に関する全面的なサポートを得られるプログラムも行っています。
    長期の休み明けには、再度カウンセリングを行い、勉強の進み具合を確認しています。

  • 学期末オリエンテーション

    公共の大ホールにて全校集会を行います。ここでは、廣田校長からの話、EAPディレクター ダニー・ハワード先生からの休暇中の勉強方法等の指導、進路決定や渡航に関する説明を行います。渡航に必要な書類等も配布されます。

  • パーソナルアドバイザー制度

    本学では、学生の生活面、精神面をサポートし、ドロップアウトを防ぐために、パーソナルアドバイザー(Personal Advisors:PA)制度を導入しています。PAはそれぞれ20~30名の学生を受け持ち、出欠の管理や緊急時の対応も含め、学生が困ったときには、適切に対応することを目的としています。進路相談や生活面での悩み、そして時にはただ話したいだけという時にも、少しでも学生の心の支えになれるように、努めています。