FacultyNIC大阪校教員紹介

NICでの教授陣の採用は、アメリカの大学と同じ基準によって行われています。資格に関しては言語学、英語教授法あるいは教育学、コミュニケーションなど関連分野の修士号、博士号を取得していること、実務経験が2年以上のエキスパートであることなど。さらに本学への赴任者には語学教育に加え、他の専門分野でも学位を保有している人が優先して選ばれています。
教養科目の教授陣も同様に、各専門分野で修士号、博士号を持ち、大学レベルでの教育実務経験があることが最低基準となっています。

  • Antonio N. HARWOOD

    Antonio N. HARWOODアントニオ・ハーウッド

    Programme Director at Osaka Campus

    University of Edinburgh
  • Danny K. Howard

    Danny K. Howardダニー・ハワード

    EAP Director

    University of Nevada, Reno
  • Stephen Berghoff

    Stephen Berghoffステファン・バーゴフ

    EAP Director

    Seton Hall University
  • David CHEREPUSCHAK

    David CHEREPUSCHAKデービッド・チェレプシャック

    University of Victoria
  • L'Shawn Howard

    L'Shawn Howardルショーン・ハワード

    Colorado State University
  • Tanya Allen

    Tanya Allenターニャ・アレン

    University of Cambridge