あなたの「お気に入りの洋楽」で、楽しく自然に《英語をマスター》しよう! 『Song Journal』の活用法とは?

みなさんは音楽を聴くことは好きですか

普段から洋楽を聞いている人にとっても、あまり聞かない人にとっても、実は洋楽はとても良い英語マスター教材なんです!今回はあなたのお気に入りの洋楽1曲で、簡単にすぐ英語をマスターできる、洋楽学習法『Song Journal』をご紹介します。

音楽で英語を学ぶのがオススメなワケ

  1. 発音の練習になる
  2. 英語のリズムに慣れることが出来る
  3. 新しい単語を学ぶことが出来る
  4. 面白いテーマやトピックであふれている
  5. 簡単で楽しい

やはり英語が上手な方にお話を聞くと、「実は洋楽が好きでずっと聞いていた」という人がほとんど。この洋楽学習法、本当に効果があるんです

準備するもの

  • あなたの、お気に入りの洋楽
  • インターネット(必要に応じて)
  • ノートとペン

これだけ!

洋楽学習法 (Song Journal) のやり方

洋楽を聞きながら、次の質問に答えましょう。

  1. 曲のテーマやメッセージを1文にまとめる
  2. 曲を聞いたときのあなたの気持ちを表す形容詞を3つ以上書く
  3. 曲に出てきた知らない単語を3~5個程度書きだすその単語が使われていたフレーズや文章を書き、隣に単語の意味を簡単に書く。
  4. 曲を聴いて感じたことをもとに新しいタイトルをつけてみる。
  5. 曲を聴いた感想を短いパラグラフで書く
  6. 歌詞を見ながらもう一度曲を聴く。(歌詞はインターネットで簡単に見つけられます)

洋楽学習法 (Song Journal) の例

Song Title: “Let it Be” by the Beatles

  1. Message: Things will get better in life in time.
  2. 3 adjectives that I feel when I hear the song:  Hopeful, Cautious, Wise
  3. Vocabulary:  英語で、単語を訳すのがポイント!

Wisdom

“speaking words of wisdom” = being wise

Parted

“though they may be parted” = to be separated from someone

Whisper

“whisper words of wisdom” = to speak softly

   4. New title: “Life Goes On”

   5. Opinion: When I listen to this song, I feel good. I feel that even though bad things happen in life, there is still hope if we “let it be”. I think that John Lennon wants us to feel that life has a purpose or design. We cannot always control this design. But if we wait patiently, good things will happen to people who have good hearts!

洋楽学習法『Song Journal』を使うだけで、すぐに英語をマスターできるだけでなく、あなたのお気に入りの1曲をより深く理解でき、味わえる絶好の機会になります。曲を聞きながら、英語の歌詞を見て、リアルな英語を体感する、あなたのカラダ全体で英語を学べる洋楽学習法『Song Journal』、ぜひ活用してみてください!

 

NIC公式サイト イベント日程:https://www.nicuc.ac.jp/zenkoku/

スタディーサプリ進路:https://shingakunet.com/gakko/SC002644/