超簡単・ボキャブラリーログ。 誰でも、「できる!」と思える、英単語勉強法の身につけかた。

英語はもちろん、外国語を学ぶ上で重要なスキルが”リーディング力”。

リーディングを極めることは、その言語の上達への近道と言えます。たくさん読むということは、たくさんの単語に触れるということ。つまり、リーディングの数をこなせばこなすほど、分かる英単語の数がグングンと増えるんです!

英単語力が上がれば、

  • 聞き取れる単語が増えて、リスニング力アップ!
  • 話せる単語が増えて、スピーキング力アップ!
  • 使える単語の幅が広がって、ライティング力アップ!

”英単語力をあげる=意味を知っている単語を増やす”と思われがちですが、単語一つ一つの意味を覚えただけの英語力では、何の役にも立ちません。英語を読み、書き、聞き、話す上で必要ことは、単語の意味とともにその使い方も、しっかりと分かっていること。他の学生と差をつける、本当の意味での”英単語力”を身につける勉強方法をご紹介します。

英単語力を高める”ボキャブラリーログ”

ボキャブラリーログとは、いわゆる”単語帳”のこと。

皆さんも中学・高校生の頃、一度は作りましたよね!でもその単語帳、単語の横に意味をひたすら書きつらねるタイプではなかったですか?

単語の意味を知ることはもちろん重要ですが、それだけでは本当に単語を”学ぶ”ことには届きません。

単語帳ではなく”ボキャブラリーログ”を作ることで、単語が日々の会話の中でどのように使われているかを学び、一歩進んだ英語力を手に入れることができるのです。

ボキャブラリーログを作ってみよう

ボキャブラリーログを始めるために必要なものは、B5ノートと英語の辞書、この2つだけ!

準備ができたらテレビ、DVD、雑誌、友だちとの会話など、身の回りのあらゆるところから英単語を探しましょう。

目標は1日5~10個の新しい単語を学ぶこと。たったそれだけ?!と思うかもしれませんし、そうでないかもしれません。1日10個新しい単語を覚えることが出来るということは、1年で3,500個の新しい単語を身につけるということになるんです!

ボキャブラリーログに書くこと

 ボキャブラリーログに書くことは、とても簡単。1. 単語、 2. その単語の推測した意味、 3. 単語の品詞と意味、4. 自作の文章。たったこの4つです。

  1. 単語:どこで見つけた単語か(新聞記事のタイトルや本のページ数など)、文中での使われ方を書きます。
  2. 推測した意味:間違っても大丈夫!自分の直感で書いてみましょう。
  3. 英語での簡単な品詞と意味:使われたその場面での意味を書きます。辞書並みにいくつもの意味を書かないことが、ポイント!
  4. 自作の文章:キーワード、身近な人物、場所、イベントなどを使い、単語の意味が分かる文章を作ってみよう!

例1)

  1. Word in Context:on Ally McBeal: “The court selected a jury for the case.”
  2. 推測した意味:lawyer??
  3. 語:jury 品詞:noun  意味:a group of people  who decide who wins a court case
  1. 自作の文章:The court jury decided that criminal should go to prison.

例2)

  1. Word in Context:in a music magazine: “Craig David’s lyrics are very good.”
  2. 推測した意味:song??
  3. 語:lyrics 品詞:noun  意味:the words of a song
  1. 自作の文章:When Akiko and I sang at karaoke, we read the lyrics on the TV.

自分で文章を作る時は、自分が良く知っている人、場所、キーとなる情報を入れることがポイント。

身近なものに関連付ければ単語がさらに覚えやすく、思い出しやすくなります。ただ訳しただけでは明日には忘れてしまいますが、このボキャブラリーログを使うことで、1週間後でも、1ケ月後でも、1年後でも、いつでも使える英語力が身につきます。

英語を日本語にただ訳す勉強法は卒業して、単語を英語で理解し、英語で覚えるやり方に挑戦してみましょう。自分でもびっくりするぐらい「できる!」英語力を見て、聞いて、感じて、理解できます!

 

NIC International College in Japan とは https://www.nicuc.ac.jp/

スタディサプリ進路  https://shingakunet.com