【#コロナ禍での留学 #コロナに負けない!】オールオンライン、学費無料のユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル大学でビジネスを学ぶ。本気のアメリカ留学。

NIC卒業後、一年間アルバイトをしてお金を貯め半年海外でパックパッカーをしました。後に、海外の大学へ編入致しました。

現在は、アメリカのUniversity of the Peopleという大学でビジネスを専攻しております。2020年の6月に入学し、この時期もパンデミックの真っ只中でした。ですが、私の大学は完全オンラインの大学で、アメリカに行く必要もなく、コロナに関わらずオンラインのみの大学です。なので、大学生活はコロナでの影響はなく現在は日本で勉強しています。

ですが、コロナ禍は以前の常識を覆し、社会に打撃を与え生活などにも変化がありました。家で過ごす時間も多く、アルバイトはできず、大学生活以外に時間に余裕ができました。それは決して悪いことではなく、自分を見直す時間であったり、新しいことに挑戦する時間を与えてくれましたその時間を活用して、色々なことに取り組むことができました。オンライン料理教室を開講したり、外国人に日本語を教えるサービスなどもしたりしました。

コロナ禍の影響で大学の進学が延長したり、進学できなかったり、以前から計画していたことが実現できなくなったり、本当にたくさんの方々様々な壁に直面されたと思います。ですが、このコロナ禍で新しい発見や気づき、心境の変化は少なからずあったんではないでしょうか家族や友人の大切さを改めて考え直したんではないでしょうか。

かつてないパンデミックを引き起こしたコロナウイルス。甚大な被害を未だに残しているコロナですが、自分を見直す機会や、新しいことに挑戦する時間を与えてくれました。決して悪いことばかりではなく、ポジティブな面も少なからずあったと思います。

私は前進し続けています。何があれ過去は変えられず、未来に顔を向けることが大事だと思います。2020年はコロナが流行ると決まっていたかもしれません。人生でいくつかある山場だと思い踏んばって必ず乗り越えましょう

そして近頃、またコロナの感染者数が急増しています。基本的な手洗いやうがい、マスクの着用を心がけ生活していきましょう。

皆さんの冒険の話を聞けるのを楽しみにしています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

バックパッカー中・旅先にて

*星野陸くん
NIC大阪校第6期生
京都府立伏見工業高校出身
Bachelor of Business Administration
University of the People