多くの日本人にとっては、遠い世界の話に思われるかもしれませんが、すべてNIC生の在籍・卒業大学です。夢を夢で終わらせない。【本気の留学】のNIC。

行きたい国の、行きたい大学へ行こう!
夢に近づくための、どこにもない、多彩な進学先。

NICのコアであるネバダ州立大学、カリフォルニア州立大学、イギリス国立大学への実績。着実に成果をあげるUCバークレー、UCLAをはじめとする超名門校へのトップスクール・プログラム!そしてケンブリッジ、オックスフォード大学、英国大学医学部、スイス・フランス・ベルギーなどヨーロッパ大陸の名門大学への進学プログラムまでNICは、一人ひとりの可能性に向かうためのGATEWAYです。
もちろん、NICでは、あなたが入学後に行きたい国、行きたい大学を選べるため、今の段階でどの国の大学に行きたいかを決定する必要はありません。

日米一貫教育・日英一貫教育の
パイオニア・インターナショナルカレッジ

あなたには、あなたが考えている以上の可能性があります!
学びながら選べる640以上の多彩な専攻分野。

たとえばアメリカの大学では640以上の分野から、イギリスの大学では約1,000の学科から自分のやりたい専攻を選ぶことができます。
また、アメリカの大学では「ダブルメジャー」、イギリスの大学では「コンバインド・ディグリー」といって、二つの分野を同時に学ぶこともできます。あなたが、今の時点でやりたいことが決まっていなくても大丈夫。たとえばアメリカの大学では3年生になるまでに専攻を明確にすればよいことになっています。
いろいろな分野を学びながら、あなたが、本当に自分の興味ある分野を見つけることができます。

やりたいことは何でもできる

NICで何でも目指せる力を身につける

世界のトップを目指したい人も、どん底から這い上がりたい人も、
NICならチャンスがあります。

NIC生の特長はその多様性です。年齢も17歳から73歳、東大を蹴って来る人から不登校だった人まで、みんな壁を乗り越え海外の大学へ旅立っています。

チャンスは誰にでもある。自分の力を信じよう。」それがNIC生の合言葉です。

単なる有名大学卒じゃダメなんだ。
未来につながる進学サポート。

進路指導では、動機づけが最も大切です。
「なぜその大学を選ぶのか、なぜその学科を専攻したいのか。」という目的意識を育てるための進路指導に力を入れています。
日本で、ただ単に偏差値が高いから、という理由で有名大学受験を目指すのと同じような意識で、米英のトップスクールに進学しても、それがイコール「人間力」の育成につながるとは、必ずしも言えません。

NICでは、経験豊かな日本人スタッフによるカウンセリングや、海外各校から来日する先生とのカウンセリング、そして欧米大学在校生・卒業生など、NICのOB・OGによる講演会などを通して、どの国のどの大学に進学するとしても、何を学びどのように成長したいのか、一人ひとりの可能性を最大限に引き出すための進学サポートを行っています。