留学・海外大学進学のNIC わたしたちは、人生を変えたい、という若者たちに、海外大学留学というチャンスを
通じて、「自ら壁を打ち破ることができる」行動力と自信を与え、夢があるより良き社会を作ることに貢献します。

MENU

石沢穣さん

石沢穣さん

「自分をじっくり見つめた進路選び」

株式会社毎日コミュニケーションズ 石沢 穣 さん

・・・・・・大学と学生と企業の三者を見つめている立場から、アドバイスをいただけますか?

石沢

まず、留学ということについて。今日、留学というのは、とてもポピュラーになっています。かつて、それが相当に限られた人のためのものだったことを考えれば、隔世の感じがあります。しかし真剣に海外の大学で学びたいという人がいる一方で、「日本にいてもつまらないから、留学でもするか」という気分で行く人も増えています。

実際、夏休みに旅行がてらに行ける短期のものや、観光とほとんど変わらないような内容のものもあります。いわば、異文化に触れたというべきものでしょうか。この場合、例えば、就職の面接で「留学しました」と言っても、相手にアピールするものは少ないです。

また、日本の大学に入学して、在学中に1年間だけ留学して帰ってくるというのも、とても増えました。これは、それなりに学ぶところはあると思います。ただ、学ぶ内容や目的で言うと、やはり語学の習得が主になるでしょう。

これに対して、本格留学といわれるものは、語学はあくまでもコミュニケーションの道具であって、本来の目的は、宇宙工学であったり、国際政治学であったり、ジャーナリズムであったりと、専門性の習得を目指すところにあるのです。

このように、留学にも様々あります。留学を希望するのであれば、自分は何の目的で留学をしたいのか、その目的に合ったものを選ぶことが大切でしょう。

・・・・・・どうやって自分の目的をはっきりとさせればいいのでしょう。

石沢

そこです。わずか18年という人生経験で、ごく狭い人間関係でしか生きていません。ですから、外にどんな世界があるのか、自分が何に向いていて、どうやって進路を選んだらいいのか、自分で見つけろといっても酷な部分はあります。

ただ、わからないなりに、自分で一生懸命考えること。そこに意味があるのです。人生の選択をする機会は、それまでに、そうはなかったでしょうから。

例えば、最近は日本の大学では、就職を控えた学生に自己分析をさせています。今までの人生を振り返り、どんなときに喜びや怒りを感じ、そのときどう行動したのかを考え抜き、そこから自分が何者であるかを浮かび上がらせるのです。一人だけでやっていると堂堂巡りになりますから、アドバイザーや友人、先輩などとの対話を通して分析をしていきます。

こうすることによって、自分は何をしたいのかが、おぼろげにも見えて、モチベーションが高まって、大学で、あるいは職場で、自分のすべきことがイメージづけられていくということです。

大学進学にあたっての指導といえば、受験指導というのが実際のところではないでしょうか。なぜ自分がそれを学ぶのかというモチベーションについては、取り組みはこれからではないでしょうか。

Profile:

大学と学生と企業、これらの三者の間に立ってメディアを開発し、大学進学、就職情報のビジネスを展開している同社。時代とともに刻々と変化する学びと仕事を見つめている。

資料請求とイベントページへのリンク

資料請求

海外大学への留学・進学に関するご相談は 平日個別相談会

NICの大学留学ガイダンスやイベント情報は イベント情報へ