Bulgariaブルガリアの大学の医学部への進学

Education Planningブルガリア・医学部・獣医学部進学プログラム

これまで難関とされていた、欧米の医学部・獣医学部の門戸を広げるために、新たに、ブルガリア国内の医科大学、獣医科大学への進学プログラムをスタートしました。

ブルガリア国内の医科大学、獣医科大学では、英語で教育を行なっている大学が多数あり、イギリスを始め、他のヨーロッパ諸国から多くの学生を集めています、NICでは、日本国内でのサポートに加えブルガリア国内でのサポートは提携するInterHECSが勉学や生活面のサポートを卒業まで行なっています。

ブルガリア国立医科大学(6校)、獣医科大学(2校)への進学チャート

NIC4月〜翌年4月(1年間)
8月渡航

入学試験
(生物・化学)

大学学部専門課程
(6年間)

卒業

以下に紹介する大学は、全てWHOのWorld Directory of Medical Schools に登録されており、当該国の医師免許を取得したのちに、日本の医師国家試験を受験可能です。

ソフィア医科大学Medical University, Sofia

ソフィア医科大学は1917年にソフィア大学の学部の一つとして誕生、第二次世界大戦後に医学部と歯学部をもつカレッジとして独立しました。

1925年には、世界で初めて医学部生に向けた専門誌“Premedicus”を発行したことでも知られています。

1951年には新たに薬学部が誕生、様々な改革を経て1995年に医科大学に生まれ変わりました。

現在、ソフィア医科大学にはおよそ6,200人の学生が在籍し日々研究に励んでいます。その成果は国際的にも認められており、バルカン半島、EU諸国の教育を牽引する大学として重要な役割を果たしています。

学費(年間授業料)

医学部
€ 8,000
歯学部
€ 8,000
薬学部
€ 6,000
ソフィア医科大学

プロヴディフ医科大学Plovdiv Medical University

プロヴディフ医科大学は1945年に設立された、4つの学部(医学部、歯学部、薬学部、ヘルスケア学部)からなる公立医科大学で、130人以上の教授と600人以上の助教授がいます。所属する教授全員の研究論文が複数の国際的科学誌やジャーナルに掲載された実績を持っています。

3,800人以上の現地生や留学生が在籍し、学士、修士、博士課程で学んでいます。

また大学の図書館は170,000冊以上のアカデミックな書籍を所蔵しています。プロヴディブ医科大学は、1959年からブルガリアで高く評価されている医学誌 “Folia Medica” を出版しています。

この大学で学ぶ学生は、Minority Scientific Associationによって運営されている「ユース&サイエンス コンペティション」で研究成果を発表することができます。

学費(年間授業料)

医学部
€ 8,000
歯学部
€ 8,000
薬学部
€ 6,000
プロヴディフ医科大学

ヴァルナ医科大学Varna Medical University

ヴァルナ医科大学は1961年に設立されました。医学、歯科学部、薬学、公衆衛生学の優れた修士課程プログラムを提供しています。治療、診断の分野では大学院課程もあります。

1961年以降、8351人を超えるブルガリアの学生と、45か国以上977人を超える留学生がヴァルナ医科大学を卒業しています。これまでに、それぞれの分野で広く活躍する教授、准教授、助教授を輩出しています。世界的に知られている科学誌 “Scripta Scientifica Medica”を発行しています。

キャンパスは最近ブルガリアの最も美しい街にも選ばれた、ヴァルナの中心部に位置しています。

学費(年間授業料)

医学部
€ 8,000
歯学部
€ 8,000
ヴァルナ医科大学

トラキア大学Trakia University

ブルガリアのスタラ・ザゴラに位置するトラキア大学は、1995年にVeterinary College of Agriculture and Zoologyとヤンボルテクニカルカレッジが合併して誕生しました。

6,500人を超える学生と600人の優秀な教授陣が在籍しているほか、年間60人の教授陣を世界中から迎えています。学士、修士ともに60の専攻から選んで学ぶことができ、特に医学部、歯科学部は世界でもトップクラスです。

キャンパス内には、300,000冊以上を所蔵する充実した図書館があります。また、キャンパス内4か所にコンピュータ室が設けられており、パソコンが使えずに困ることもありません。素敵なカフェやレストランのほか、学生団体やスポーツクラブなどの活動も充実しています。

学費(年間授業料)

医学部
€ 7,000
獣医学部
€ 4,000
トラキア大学

Aluni Message先輩からのメッセージ

自分を見つめ直すチャンスがここにある!

近年トレンド化してきている海外の医学部を卒業して日本で医師になるという選択肢として私はソフィア医科大学を選びました。(以降MUSと表記します。) MUSはアジア人がごく少数で日本人は私を含めて4人しか在籍していません。4年生と3年生に一人ずつ、そして同じくNIC時代のわたしの同級生がもう一人います。同級生の方以外はなんらかの形で海外の大学を経て入学してきているので、私の代(2019年入学)がはじめて日本人がダイレクトにきたケースになると思います。MUSは国内で一番レベルの高い医科大学ということもあり、ドイツやイタリアなどのEUからの留学生が多く皆ネイティブ並みに話せる人達ばかりです。

これからNICに入学してくる皆さんは自分なりの夢や考えを持って来ていると思います。NICはそれらを尊重して夢を叶えるための手伝いはしてくれますが、そこから先はすべて自分次第です。だから妥協していたり、強制された選択肢だと絶対に続きません。そういう意味ではNICはそれらのことが本当に自分のやりたいことなのかを見つめ直す場所でもあると思います。なぜならいろんな人がいていろんな価値観を知ることができるから。

世の中、文句を言ってもしょうがないことなんてたくさんあります。しかしその状況を打開できるのは自分だけです。そしてNICにくるからには自分の選択に妥協してほしくありません。それは一般的にはかなり異端なことであって、普通の事ではありません。だからこそ家族に感謝して、周りを見返すくらいの覚悟で頑張って欲しいと思います。

Kyohei Hasebe

Kyohei Hasebe

ブルガリア国立ソフィア医科大学 在学中

香川県藤井高校出身
NIC大阪校 第7期生