NIC Students AchievementNIC生の学部成績

ハード but 楽しい NICでの1年間を乗り越えれば
世界のどこでも通用します。

NIC Values直接留学と対比して評価される本学の
日米・日英一貫教育

NIC出身者は高い進級率、成績も平均B以上ネバダ州立大学のNIC生の学部成績リサーチでは、通算平均成績は3.5(5段階評価換算で4.5)。大学全学生の平均値2.8(5段階評価換算で3.8)を大きく上回っています。日本人学生の優秀さと日本での準備教育、転換教育®が成功したものとして、この成果はアメリカでも注目されています。

このリサーチの結果は日本人でも、いったんある程度の英語力がつけば、語学がハンディキャップにならないということを表しています。

NICの教育方針は、TOEFLテストをめざした技術的な英語学習よりも、実践的な英語力を開発することに重点をおき、あわせて、欧米の教育独特の対話型授業への準備、予習方法やレポート・ライティングなどのスタディ・スキルを総合的に学ぶというものです。独自のカリキュラムにより、学生が集中力を高めた結果、渡米後、前述のような好成績を得ることができたと言えます。

この結果はこれまでの留学形態であったTOEFLを受験して留学する、あるいは英語研修留学を経て学部入学するという、直接留学の一般データと比較しても、顕著な成果を示しています。

直接留学の場合には英語学習が日常会話やTOEFL対策になりがちで、対話力や長文のリサーチ・ペーパー作成力など、学部授業に必要不可欠な実力が養成できていない点が問題となります。

現地大学の卒業式での記念写真
表彰の様子

Honors Program成績優秀者に、より高度な知識を与える
オナーズ・プログラム

オナーズ・プログラムは、アメリカ大学各校で実施されている成績優秀者を対象とした名誉ある優等生特別教育プログラムです。

ネバダ州立大学リノ校の場合、全学生の中から毎年トップ50名の学生が選ばれ、特別に少人数編成で、観察力や思考力、表現力を伸ばす特別教育が行われます。

4年間のプログラムと専門課程の2年間のプログラムがあり、学生一人ひとりに担当教授による綿密な指導が行われます。リンカーン・ホール(このプログラム向けの学生寮)で共同生活することにより、学業だけでなく相互扶助や協調性を身につけた優れた人物を育てようとしています。

卒業式では、学位授与とともに名誉叙勲の称号が授与され、全米有数の大学院へも特別推薦されます。NICから多くの学生がこのプログラムに選抜されています。

ワシントン州立大学のPresident’s Honor Roll

Golden key national honor societyゴールデン・キー・ナショナル・オナー・ソサエティ

「ゴールデン・キー・ナショナル・オナー・ソサエティ」は3年、4年次の成績が全米上位15%という優秀な学生だけが入会できる全米の名誉教育団体です。

この「ソサエティ」は会員の学業成績をさらに磨くこと、教授陣と大学関係者によって高いレベルの教育を維持発展させること、ボランティアを通じて学術の向上を援助すること、奨学金による経済的援助を行うこと等を目的としています。

現在、全米とオーストラリアの主要215大学に50万人余の生涯会員と5,000人の名誉会員が登録されています。各企業は「ゴールデン・キー・ナショナル・オナー・ソサエティ」の会員学生を積極的に採用しようとしており、会員向けの就職情報誌は全米200社以上の優良企業をリストアップして紹介しています。

会員学生は相互交流にとどまらず、新入会員歓迎会等、定期的なレセプションの場で、大学の上級管理者、教授陣、地域企業のトップ層等と、親しく対話できる機会があります。このようなネットワークは、就職活動にプラスになるだけでなく、生涯の友を見出す好機になります。

NIC出身の学生もこの「ソサエティ」会員に多数選ばれています。

Golden key national honor society賞状