留学・海外大学進学のNIC わたしたちは、人生を変えたい、という若者たちに、海外大学留学というチャンスを
通じて、「自ら壁を打ち破ることができる」行動力と自信を与え、夢があるより良き社会を作ることに貢献します。

MENU

社長特集
市川智也さん

自転車で、世界をつなぐ

自転車、車椅子用のパーツ・アクセサリーの企画・開発から製造・ブランディングを行う
Believe in Bikes

市川智也さん

Believe in Bikes

代表市川 智也さん

ネバダ州立大学リノ校 教養学部卒業
兵庫県立西宮北高校出身 NIC第12期生

自転車で、世界貢献

市川さんは、ネバダ州立大学リノ校を卒業後、Believe in Bikesという自転車や車椅子用のパーツやアクセサリーを企画、開発、製造、ブランディング、販売する企業を立ち上げ、自転車を愛する仲間と一緒に、日本、海外で製造から販売までおこなっている。

「昔から人間だけの力で動く物に興味があり、効率的に移動出来る手段の自転車が大好きでした。」

マウンテンバイクをこの世に作り出した一人のゲリー・フィッシャーさん宅にて。(アメリカ)

ソーシングと販促のため上海のとてつもなく広いショー会場に自転車業界の大先輩と共に。(中国)

アメリカはMonterey で行なわれる自転車イベントにて雑誌社で働く友人達と。(アメリカ)

年に1回集まる自転車仲間とカナダのマウンテンバイクコースを走り、共有、共感。(カナダ)

異文化への理解力と対応力

「NICでは、先生方はもちろんの事、スタッフの方々のおおらかで自由な対応、発想などにあの頃はとても驚きを感じました。まるで、子供の心をもった大人の方々だと感じていました。その中で、自由に考え自分の進みたい道を探せたと思います。

アメリカに行ってからは、大学での勉強ばかりではなく、常に、将来の夢、社会に出て役立つ勉強、経験、ネットワーク作りの方に時間を割いていました。
一番重要だったのはやはり異文化の中に置かれる事による周りの文化の理解とそれぞれに対応する対応力が少なからずとも半強制的に備わったところです。」

"Make meaning"
これから頑張るNIC後輩の為の言葉です。

これからの夢

「自転車や車椅子用の革新的なパーツやアクセサリーの企画、開発を通して、永続的に自転車文化、社会そして世界に貢献して行きたいと考えています。同時に、自転車への愛と情熱を共に分かち合うことのできる仲間を増やし、自転車に乗ることの楽しさを広めていきたいです。」

企業情報
  • 会社名
    Believe in Bikes
  • 代表者
    市川 智也
  • Mail
    believeinbikes@gmail.com
  • 事業内容
    • 自転車や車椅子用のパーツやアクセサリーの企画、開発、製造、ブランディング、販売(国内及び海外)

サイドメニュー

NIC資料請求とスマートパンフ

NICの全てがわかるパンフレット無料贈呈!

資料請求

イベント情報

海外留学の不安はNICのイベントで解決!

資料請求とイベントページへのリンク

資料請求

海外大学への留学・進学に関するご相談は 平日個別相談会

NICの大学留学ガイダンスやイベント情報は イベント情報へ

このページの上部へ