マサチューセッツ大学ボストン校University of Massachusetts Boston

ロケーション
ボストン, マサチューセッツ州
タイプ
州立
設立年
1964
総学生数(学部生数)
15,989(12,595)(1)(2)
教職員数
1,135(3)
学生-教職員比率
11 : 1(2)(3)
学生男女比率
43 : 57(2)

Overview

マサチューセッツ大学ボストン校(University of Massachusetts Boston(UMass Boston))は、国際的な学園都市ボストンを代表する公立研究大学。

比較的小規模の大学で、Boston Harbor に面したモダンな校舎群が美しいです。

9学部100以上の学科を擁し、ヨーロッパからの留学生も多く、国際色豊かな大学です。
John.F. ケネディの名を冠した国立博物館が併設されています。

マサチューセッツ大学ボストン校

公式YouTubeビデオ

Ranking

QS World University Rankings 2020The QS Top Universities
571-580
US Rankings 2020The Wall Street Journal/Times Higher Education
401-500
2020 Best National University RankingsUS News Best Colleges
228
America's Top Colleges 2019Forbes
529

Tuition & Fees

2020春 留学生の年間学費(フルルタイム 1学期12単位以上)Undergraduate Tuition and Fees (Full-time 12 credits or more) Spring 2020

学費Tuition
34,649
技術手数料Technology Fee
350
留学生手数料International Student Fee
330
健康保険料(春学期のみ)Health Insurance (Spring Only)
1,496

上記費用は、マサチューセッツ大学ボストン校「Undergraduate Tuition and Fees (Full-time 12 credits or more) Spring 2020」より抜粋しております。その他の費用および詳細は、マサチューセッツ大学ボストン校ウェブサイトをご覧ください。

上記費用は、見積であり、最新の費用ではない場合がございます。大学ウェブサイトでご確認いただくかNIC事務局までお問い合せください。

Academic Programs

設置学部学科

数理学部

生化学、生物学、バイオテクノロジー、化学、化学(ACS認定)、クリーンエネルギー&サステナビリティ、コンピュータ工学、コンピュータサイエンス、電気工学、工学物理学、環境生物学、環境科学、環境の地理空間分析とモデリング、情報技術、数学、物理学

環境学部

コミュニティ開発学、環境科学、環境学&サステナビリティ、クリーンエネルギー&サステナビリティ、環境人類学、環境生物学、環境化学

教育人間開発学部

アジア系アメリカ人研究、早期教育&ケア、スポーツリーダーシップ&管理、UTech教育プログラム

経営学部

経営学、情報技術

リベラルアーツ学部

アフリカーナ研究、アメリカ研究、人類学、アラビア研究、考古学&歴史学、アート、アジア研究、中国語、映画研究、西洋古典言語、西洋古典研究、認知科学、コミュニケーション学、クリエイティブライティング、犯罪学&刑事司法、異文化東アジア研究、ダンス、東アジア言語、経済学、英語、環境人類学、倫理社会政治哲学、フランス語、ドイツ研究、歴史学、人権、ヒューマンサービス、スペイン語教職初期ライセンス、国際関係学、イタリア語、日本語、労働学、ラテンアメリカ&イベリア研究、ラテンアメリカ研究、ラテン系研究、言語学、音楽、ネイティブアメリカン&先住民研究、哲学&公共政策、哲学&法学、哲学、政治学、ポルトガル研究、プロフェッショナル&ニューメディアライティング、心理学、公共政策、宗教学、ポルトガル語、科学、医学、社会心理学、社会学、南アジア研究、スペイン語、演劇芸術、教師免許プログラム、女性&ジェンダー&セクシュアリティ研究

看護健康学部

看護学、運動健康科学

については個別にお問い合わせください。

マサチューセッツ大学ボストン校ウェブサイトより抜粋した2020年7月現在の設置学部学科です。最新のものではない場合がございます。

設置学部学科の詳細については、マサチューセッツ大学ボストン校「Academics」ページをご覧ください。

大学院課程については、個別にお問い合わせください。

Alumni Message

マサチューセッツ大学ボストン校へ進学した先輩の留学体験談

Yasuaki Kaga

マサチューセッツ大学ボストン校
理学部化学科&環境科学科ダブルメジャー
NIC 第20期生 / 熊本県立人吉高校出身

やる気さえあれば、助けてくれる人が必ず、いる。
留学が初めての海外

美しいBoston Harbor に隣接した、近代的なキャンパスをもつマサチューセッツ大学ボストン校で化学と環境学を学ぶ加賀さんは、高校時代は文系だった。「日本では文系から理系の大学に行くことはほとんど無理ですが、アメリカであれば自由に選べると聞いて、NICに決めました。」それまで海外旅行も経験したことがなかった加賀さんにとって、留学が初めての海外であった。

一番下のクラスからのスタート

NICでは、一番下のHBからスタートした。「英語漬けの日々、同じ目標をもった仲間がいたからがんばれたのだと思います。」

大学もアジア系よりもヨーロッパからの留学生が多い。「地質学のフィールドトリップで、ニューハンプシャーに行ったのですが、その時のグループのメンバーも、出身国が、アメリカ、ブラジル、イタリア、フィリピン、南アフリカ、そして日本(笑)。」

高校時代は、とても内気で、人と接することもできなかったという加賀さんだが、「NICでは、まわりもとてもオープンな人が多くて、人と触れ合えるようになったのがとても大きいです。アメリカに来て、さらにそれが強くなりました。」

Yasuaki Kaga
アメリカの一番いいところは、選択肢が広がること

現在、大学から、電車とバスを乗り継いで1時間程度のところのアパートに下宿しているという。
「自然がいっぱいで、自宅の周りでは、七面鳥やうさぎ、時には鹿にも出会うことができます。」
勉強以外にも、日本語クラスのチューターをやっている。時給12ドルで、8人を面倒見ており、月400ドルくらいの収入になるという。「高校の時は、国語は赤点だったんですけどね~。なんとか、頑張っています。こっちの学生はみんな熱心で、1学期日本語のクラスをとっただけでみんなペラペラ。自分は中高6年勉強しても英語は全然話せなかったのに(笑)。チューターの仕事をやってみて、教えることも好きだということもわかったので、将来は大学の講師もやってみたいです。」

加賀さんは、来年の卒業を目の前にして、日本国内の大手臨床・治験データ会社から内定をもらっているが、第一志望は、アメリカに残って働くことだという。「大学院に残って化学の研究をするか、あるいは働くか。日本では博士をとっても仕事がないと言われますが、こっちでは、学部卒でも、初任給月60万円くらいからスタートできるとも聞きました。先生ともいろいろ相談して決めたいと思っています。」

アメリカの一番いいところは、選択肢が広がることだという。「あとは、やりたいことがあれば、またやる気さえあれば、助けてくれる人がたくさんいるということ。」

Yasuaki Kaga
ほんの少し、道を変えただけで、未来が大きく開けてくる

発言をしなければならない授業だからこそ、自分の意見も言えるようになった。「この前、ボストンでキャリアフォーラムに参加したのですが、日本の大学から交換留学で来ている学生は、企業説明会でもほとんど質問しないんです。アメリカの大学に行っている人はどんどん質問する。キャリアフォーラムでは、質問しない人は、そこで終わり。面接も受けさせてもらえない。」

職試験ではプレゼンテーションもさせる企業も多い。「自分はNICにいた時から、プレゼンをなんどもやっているので、全然苦にならない。最近も環境学のプレゼンをやりました。カンペ使わずに。」

社会に出てからの違いもこういうところから出るのだろうか。

日本にいたら、それこそ文系の学部にしか行けなかったはず。ほんの少し、道を変えただけで、未来が大きく開けてくる。英語もそこそこで、国語も赤点だった彼の努力は、多くの人に希望を与えるに違いない。

Yasuaki Kaga