ネバダ州立大学リノ校University of Nevada, Reno

ロケーション
リノ, ネバダ州
タイプ
州立
設立年
1874
総学生数(学部生数)
21,003(16,917)(1)
教職員数
1,049(2)
学生-教職員比率
19 : 1(2)
学生男女比率
46 : 54(2)

Overview

ネバダ州立大学リノ校(University of Nevada, Reno)は、1874年に合衆国政府の助成で設立されたNational University。
医学部も含む9学部に大学院も含め18000人以上の学生が学ぶ総合大学で、NIC の前身であるネバダ州立大学日本校の本校でもあります。

US News & Reports誌のAmerican Best Colleges ランキングにおいて、Tier1グループに毎年選ばれており、全米3000を超える大学の中でトップランクの評価を受けています。また、MBAはBusinessweek 誌のランキングで全米トップ25のビジネススクールとして評価されています。

近年ではスポーツにも力を入れており、NFLやMLBなどのプロ選手も多数輩出しています。

ネバダ州立大学リノ校は、サンフランシスコから車で約3時間半(空路40分)のリノ市にあります。周辺人口は約35万人で年間3%弱の勢いで人口流入が続く人気都市です。

その理由の一つは、世界的に有名なリゾート地として知られるレイクタホへの玄関口であること。リノ・タホ国際空港には主要な航空会社が乗り入れ、世界中から多くの人々が訪れています。この周辺は日本と同様に四季の移り変わりが美しく、キャンパスは緑と水にあふれ、リスやグースなどが走り回る穏やかな環境です。
年間の290日が晴れ、四季のある温暖な気候の中で、ゆとりあるキャンパスライフを送ることができます。

また人口流入のもう一つの理由は、シリコンバレーなどからのハイテク企業の進出です。
優遇税制や安価な生活費に惹かれ、多くの企業がリノ周辺に進出してきており、主要なビジネス誌では全米で最もビジネスに適した都市10位以内にランキングされています。リノは今後ますます住みよい街となっていくと期待されています。

ネバダ州立大学リノ校

公式YouTubeビデオ

Ranking

US Rankings 2020The Wall Street Journal/Times Higher Education
401-500
2020 Best National University RankingsUS News Best Colleges
240
America's Top Colleges 2019Forbes
349

TOP 10 LIST

  • "US News And World report"誌発行の"Americas's Best Colleges"で常に上位250位以内(3500校中)にランキング。
    ハーバード大学、プリンストン大学、エール大学などと同じグループに入っています。
  • ジャーナリズム学部はピューリッツアー賞(ジャーナリズム界でも最も権威ある賞)受賞者を6名輩出しています。
  • 工学部の設備(ラボラトリー、リサーチセンター)の質は全米でもトップ10にランクされるほど充実しています。
  • 鉱学部はその設備や研究において全米でトップ6のひとつにランクしています(ウォールストリート・ジャーナル)。
    また鉱学部の地震研究室は、将来の地震の可能性や過去の地震の研究において、全米有数の名声を誇っています。
  • 全米トップ企業(Fortune 500企業)が選ぶ大学としては、経営学部のサプライチェーンは全米トップ10以内にランクしています。
    またハイドロロジック科学プログラムも全米トップ10以内にランクしています。
  • 国連テロリズム研究年鑑(2000-2001年版)により選ばれた、この分野で学術的に最も貢献した3名の内2名が本校政治学部教授です。
  • 理学部化学科は全米・カナダでトップランク“very best”として評価されています。
  • 教育学部は五年制のプログラムも実施し、通常の四年制のものと比較すると卓越したプログラムとして知られています。

Tuition & Fees

2020-21 ネバダ州非居住者学部生の年間予算(キャンパス内生活/フルタイム学生・年間30単位)U2020-21 Undergraduate Student Budget (Living On-Campus) - Full-Time Costs (30 credits/year)

学費Tuition
22,922
手数料Fees
1,098
住居費(家賃+光熱費)Room
6,424
食費Board(Meals)
5,792

上記費用は、ネバダ州立大学リノ校の「Undergraduate student budgets」より抜粋しております。その他の費用および詳細は、ネバダ州立大学リノ校のウェブサイトをご覧ください。

上記費用は、見積であり、最新の費用ではない場合がございます。大学ウェブサイトでご確認いただくかNIC事務局までお問い合せください。

Academic Programs

設置学部学科

教養学部(リベラルアーツ学部)

人類学、美術(BA)、美術(BFA)、美術史、コミュニケーション学、刑事法学、英語学、フランス語、歴史学、国際情勢学、中世・ルネサンス研究※、音楽、音楽教育、楽器演奏、ジャズ、声楽、神経科学、哲学、政治学、心理学、社会学、スペイン語、演劇、女性学

経営学部

会計学、会計学&情報システム学、経済学、ファイナンス、一般経営学、情報システム学、国際経営学、マネージメント、マーケティング

ジャーナリズム学部

ジャーナリズム

教育学部

発達障害学※、人間発達&家族研究学、中等教育学

農学・生命科学・自然資源学部

農業科学、生化学・分子生物学、生命工学、エコハイドロシー、環境科学、森林管理&エコロジー学、栄養学、農地エコロジーマネージメント、獣医科学、野生生物保護&エコロジー学、水文地質学

理学部

大気科学※、生物学、化学、地理学、地質工学、地球科学、地球物理学、水理地質学、数学、金属工学、鉱学工学、神経科学、物理学

工学部

化学工学、土木工学、コンピュータ科学工学、電気工学、物理工学、材料科学工学、機械工学

健康科学部

健康科学、看護学、社会福祉、言語聴覚病理学、分子微生物学&免疫学

ネバダ州立大学リノ校ウェブサイトより抜粋した2020年4月現在の設置学部学科です。最新のものではない場合がございます。

設置学部学科の詳細については、ネバダ州立大学リノ校「Degrees and Programs」ページをご覧ください。

大学院課程については、個別にお問い合わせください。

Alumni Message

ネバダ州立大学リノ校へ進学した先輩の留学体験談

Hiroaki Uemura

ネバダ州立大学リノ校 心理学部卒(大学院進学課程)・人間発達&家庭学(副専攻)卒業
カリフォルニア州パシフィック大学大学院 心理学部応用行動分析学科卒業
NIC 第10期生 / 神奈川県 逗子開成高校出身
BEC 行動・教育コンサルティング® エグゼクティブデイレクター

そもそも私は、2000年の夏になるまでABAという分野を全く知りませんでした。もともと医学を勉強するために、アメリカの大学に進学を希望していたのですが、学費の壁や、アメリカ国籍の学生が優先して医学部に進学できるということを知り、ネバダ州立大学リノ校で心理学を専攻することにしました。
当時、同期でNICを首席で卒業して、ネバダ州立大学リノ校で一緒に学んでいた女子学生とたまたま友達になり、大学のABAを通して学習障害を持った成人の方にトレーニングをするプログラムのインターンシップを紹介されたんです。それまで知らなかったのですが、ネバダ州立大学リノ校はABAの分野では全米的に有名で、ABAを研究するセンターやプログラムが豊富でした。

メッセージを見る

Hiroaki Uemura